自動ドアセンサーのパイオニア、ホトロングループHOTRON

  • mail
  • file
menu
  • 病院・介護施設向け離床センサー 置くだけポール君
  • 安全性の向上 簡単な操作 非接触で衛生的 環境対策機能搭載
  • 離床センサー 置くだけポール君

非接触型の赤外線離床センサー「置くだけポール君」

「置くだけポール君」は、病院や介護施設における転倒・転落事故防止に最適な非接触型の赤外線離床センサーです。
本体操作部は細菌が付着しやすい床面を避けて設計しており、持ち手とベース部が抗菌仕様になっています。
対象者様に直接触れないのでウイルス・細菌の感染リスクがある医療現場の衛生管理に役立てることができます。

  • 対象者様に触れない非接触型

    対象者様に触れない非接触型

  • 抗菌仕様で衛生的

    抗菌仕様で衛生的

  • ウイルス・細菌の感染リスクを軽減

    ウイルス・細菌の感染リスクを軽減

対象者様がベッドから降り立つと、ナースコールでお知らせ

対象者様がセンサーの検出範囲に入るとナースコールでお知らせします。
ナースコール連動型ワイヤレス送信機が内蔵され、ワイヤレス受信機との組み合わせでワイヤレス化できます。

対象者様がベッド横の検出範囲に入ると…

対象者様がベッド横の検出範囲に入ると…

ナースコールでお知らせします

ナースコールでお知らせします

離床センサーに送信機を接続するだけでナースコールに連動して離床をお知らせするホトロンのワイヤレスシリーズ離床センサーに送信機を接続するだけでナースコールに連動して離床をお知らせするホトロンのワイヤレスシリーズ

従来のマットセンサー・赤外線センサーとの違い

従来のマットセンサーの課題

従来のマットセンサーの課題

対象者様が避けようとするため、
転倒のリスクが高まってしまう。

赤外線センサーの課題

従来の赤外線センサーの課題

検出範囲の設定、設置、操作が難しい。

置くだけポール君は、さまざまな環境に対応できる非接触型離床センサーです

ベッド横に設置

ベッド横に設置

従来のマット式センサーと異なり、検出範囲が見えないのでご利用者様に避けられにくい離床センサーです。

ベッド足元側に設置

ベッド足元側に設置

居室のレイアウトや検出したいタイミングに合わせた自由な設置が可能です。

病室出入口に設置

病室出入口に設置

部屋の出入口に設置する事で離床だけではなく離室の検出が可能です。

トイレに設置

トイレに設置

トイレでの立ち上がりを検出できます。トイレ内での転倒事故防止にも役立ちます。

「置くだけポール君」の特長

非接触で安全・安心

自動ドアセンサーで培った赤外線技術を活かした非接触型離床センサー。赤外反射方式のため検出範囲が見えないので対象者様に気づかれにくく、センサーを外そうとしたり飛び越えようとする危険を減らします。

非接触で安全・安心

簡単な操作

置くだけポール君はその名の通りベッドの横に置くだけ。ヘッドグリップ(持ち手)の矢印の向きに合わせて置くだけで設置完了です。操作するスイッチも2つだけのシンプル設計。

簡単な操作

抗菌仕様で衛生的

操作スイッチは床から20cmの高さにあるため汚れにくく、持ち手とベース部が抗菌仕様になっているため、衛生面でも安心です。

非接触で衛生的

環境対策機能搭載

ホトロン独自の技術によりカーテンの揺れや布団のはみ出しなどは検出されにくくなっています(人以外での誤報を低減)。

環境対策機能搭載
わかりやすいLED表示

わかりやすいLED表示

  • ・出力スイッチON時 : 青点灯() ※1
  • ・検出時 : 赤点灯(
  • ・出力スイッチOFF時 : 黄点灯() ※2

※1 出力スイッチONの直後は青色が5秒間点滅
※2 出力OFF時でも検出範囲を確認可能

機器構成図

無線タイプ コードによる「つまづき」「断線」を防止!

機器構成図

仕様

置くだけポール君

型 名 HB-H1  赤外線センサー
検出距離 1.5m/2.0m (距離設定スイッチにより切換え)
サイズ 760mm×180mm×180mm
検出方式 赤外反射方式の測距による完全静止。但し、直近は除く。
電 源 AC100V 50/60Hz(専用アダプタ使用)
置くだけポール君

受信機

型 名 HB-RJ
電 源 AC100V 50/60Hz(専用アダプタ使用)
電波到達距離 約10m(見通し距離)
周波数 315MHz帯
受信機

価格表

置くだけポール君
(HB-H1)
受信機
(HB-RJ)
セット標準価格
¥59,800(税抜き) ¥35,000(税抜き) ¥94,800(税抜き)

お客様の声

医療施設での事例①

医療施設での事例①

基本的に徘徊してしまう対象者様は同室になることが多く、一度に同室の対象者様の見守りができるので便利であった。またポール君があると、夜勤の介護も安心して行え、対象者様のご家族やスタッフの出入りもナースコールでわかるため、安全面でもよかった。

医療施設での事例②

医療施設での事例②

マットだと、床に敷いてあるので患者が見つけてしまい、マットを避けて離床してしまうことがあった。ポール君なら、デザイン的にも離床センサーとして気づかれにくく、またワイヤレスタイプは、ケーブルで足を引っかけたり、つまずくことがないので非常に良かった。

介護施設での事例①

介護施設での事例①

対象者様の転倒リスクが高い時間(夜間・早朝)は、スタッフの人数が少ないので、ポール君があると安心して対象者様の見守りが出来た。また部屋の出入り口に置くことで、対象者様は居室内で自由に過ごしてもらい、部屋を勝手に出て行ってしまった時は、ポール君が検出してナースコールで知らせてくれるので役にたった。 

介護施設での事例②

介護施設での事例②

コンパクトで、ベッドサイドにあっても違和感のないデザインだった。また軽くて持ち運びがしやすく、実際に使用する際は操作も設置も簡単だった。以前に使用していたマットセンサーは床に置くので汚れたりするため赤外線タイプを探していたが、ポール君は衛生面でもいいと思う。

PAGE TOP
Contact製品に関するお問い合わせ
当社サービスに関するご要望ご依頼がございましたら
お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。
一部資料ダウンロードには会員登録が必要です。